FC2ブログ
2013年02月27日Wed [01:44] ロシア | 本・雑誌 |読書メモ  

サハリンに残された日本語樺太方言

海外の日本語シリーズ3 サハリンに残された日本語樺太方言海外の日本語シリーズ3 サハリンに残された日本語樺太方言
朝日 祥之 真田 信治

明治書院 2012-10-27
売り上げランキング : 688831

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


明治書院「海外の日本語シリーズ」はこれで完結か。台湾、マリアナ諸島、そしてサハリンだが、韓国や旧満州とかはやはり諸般の事情でNGだったのかも。北海道方言というのもよく分からんにに樺太方言など全く分からんのだが、要は開拓者の出身地域の方言がそのまま移植されたもので、アイヌ語との影響とかがあるというものではないらしい。とはいえ、松前藩の時代は樺太の共通語はアイヌ語だったらしく、日本人もアイヌ語を話していたのだとか。朝鮮人が渡ってきたのは日本統治時代になってからというのも伝説だそうで、それ以前から朝鮮人は多く出稼ぎに来ていたらしい。サハリン残留朝鮮人の「南送事業」は日本が負担したものだが、戦後北朝鮮から来た者を含んでいたり、出自が日本時代という朝鮮人は多くないという話もあった。まあ韓国ではサハリン残留朝鮮人は一律に日本によって強制連行された者ということになってはいるのだが。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する