FC2ブログ
2013年02月26日Tue [01:40] イギリス | 本・雑誌 |読書メモ  

トマス・グラバーの生涯

トマス・グラバーの生涯――大英帝国の周縁にてトマス・グラバーの生涯――大英帝国の周縁にて
マイケル・ガーデナ 村里 好俊

岩波書店 2012-06-28
売り上げランキング : 268703

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


グラバーと同じスコットランド人研究者による評伝。となると英雄譚かなと思うのだが、わりと突き放しているというか、特に立身出世物語という体裁でもない。著者は日本にも長くいる人みたいなので、そうしたことも関係しているのかもしれんが、無学の武器商人で、身分の低い女を娶ったとか、外人の成り上がり特権階級であったというスタンス。三菱との関係などは日本の富国強兵に繋がる訳だが、日本の帝国主義的拡張に加担したと見ている様だ。もっともそんなことを英国人に言われる筋合いは無いのだが、スコットランド人であって、イギリス人では無いというところかな。グラバーが当時の在日英国大使館から、あまり白い目で見られていたというのは今のパキスタンとかアフガニスタンとかで、武装勢力と取引する様な輩といったものと同じ様なものなのかもしれん。正式に日本人妻を娶ったというのも軽蔑の対象だったのかもしれんが、マダム・バタフライってグラバーがモデルなのか。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する