FC2ブログ
2012年09月25日Tue [02:53] 米国 | 本・雑誌 |読書メモ  

私の中のアメリカ

私の中のアメリカ―@us/nippon.com私の中のアメリカ―@us/nippon.com
青木 怜子

論創社 2012-02
売り上げランキング : 454823

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


国連総会日本政府代表代理とか国際大学女性連盟元会長といった肩書きだと有名な人なのかもしれんけど、知らんかった。戦前の帰国子女で、更に1950年代に父親が再びアメリカ駐在となり、聖心からジョージワシントン大院に進んだという。そうした半生と70年代の再訪、国連時代の追走などを綴ったもの。記憶が鮮明なのか日記を付けていたのか分からんが、何というか、昔のお嬢育ちだから、波乱万丈な話はない。戦中のアメリカ帰りも陰湿なイジメというか、まわりくどい嫌がらせみたいなことがあったことを書いているのだが、まあ現代のイジメも実のところ、そう単純なものは少ないだろう。後は終戦後に日比谷公園でおにぎりを食べようとしたら浮浪児に見つめられたので、日銀の中で食べたとかそういう話。修士論文を書いていない状態で帰国して、すぐ上智の国際部でアメリカ史の教員として採用されたらしい。その後も大学教員として生きてきた様なのだが、その辺は抜け落ちて、アメリカ再訪と、国連の話に飛ぶので、経歴がよく分からん。親以外の家族の話もないので、独身で来たのだろうか。最後の謝辞に自分に影響を与えた故人の男性を上げているのだが、これがイニシャルだけ。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する