FC2ブログ
2012年08月30日Thu [12:26] エルサルバドル | 本・雑誌 |読書メモ  

たちあがる言語・ナワト語

たちあがる言語・ナワト語―エルサルバドルにおける言語復興運動 (グローバル社会を歩く 3)たちあがる言語・ナワト語―エルサルバドルにおける言語復興運動 (グローバル社会を歩く 3)
マリア・カステジャノス Maria Castellanos 佐野 直子 敦賀 公子

新泉社 2012-03-31
売り上げランキング : 821679

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


博論ものならぬ卒論もの。それもエルサルバドル人留学生の日本語論文というからレアである。エルサルバドル人の日本語論文が発表されたのは史上初ではなかろうが、書籍として刊行されたのは初めてではなかろうか。このブログでもエルサル本は知るためのと長倉洋海のガキ向けの2冊しか読んでいない。エルサルバドル人留学生は国費とかでいるんだろうし、かつては中米の日本と言われた国だから、関係は深いんだろうけど、この著者は19歳で来日して5年後に名古屋市立大に入って今年卒業したとのこと。向こうで青年隊と知り合って日本に来たらしいのだが、分からんけど、よくある日本人の男が連れ帰ったというパターンかな。今は在日大使館勤務らしい。あの麻布の大使館共同ビルのか。スペイン語も付いていてどっちが原文か分からんが、卒論というか、現地訪問記みたいなものだった。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する