FC2ブログ
2012年05月24日Thu [01:04] ロシア | 本・雑誌 |読書メモ  

シベリア抑留と戦後日本

シベリア抑留と戦後日本 帰還者たちの闘いシベリア抑留と戦後日本 帰還者たちの闘い
長澤 淑夫

有志舎 2011-11-25
売り上げランキング : 823051

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


タイトル通り、シベ抑帰還者の戦後運動史みたいなもので、てっきり中の事務局かなんかの人が機関紙をまとめたものかと思ったのだが、これは千葉の高校教員が休職して大学院に入って書いた修論とのこと。免許更新に現役教員の大学院入学制度が出来たというのは聞いていたのだが、てっきり現役で社会人入学みたいに夜間とか通信ででやるのかと思っていた。2年間休職できて、それも別に教育学とは関係ないテーマで良いのか。著者は日本史の先生みたいだが、シベ抑は教えても、戦後運動史を今の高校生に教えることはなかろう。趙景達が指導教官でまあその筋っぽいものではあるのだが、趙の手引きで修論が晴れて出版に相成ったらしい。シベ抑運動も初期がソ連の肝入りであったことは有名ではあるのだが、その後、お約束の分裂があったりして、自民議員を代表に担いだ3派が存在しているらしい。最大手の全抑協に対して、司葉子ダンナの相沢会なるものが対抗馬としてある様なのだが、さすがに代々木系はもうないのか。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する