FC2ブログ
2011年09月20日Tue [02:12] 米国 | 本・雑誌 |読書メモ  

評伝 ジョージ・ケナン

評伝 ジョージ・ケナン評伝 ジョージ・ケナン
ジョン・ルカーチ 菅 英輝

法政大学出版局 2011-06-27
売り上げランキング : 253430

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


原書は2007年らしい。ケナンが亡くなったのが2005年ということなのだが、享年101というのはあらためて大したもんだと思う。ケナンは政治家ではなく。外交官で学者であった訳だが、アメリカの政治外交に与えたインパクトは後のキッシンジャーと並び称されるものだが、「冷戦の生みの親」が冷戦の終結を見届けて、なお20年以上も生きたのも歴史の皮肉みたいなものだが、キッシンジャーなどと違って、一線を退いてからはあまり俗世間とは関らなかった様で、90過ぎても健康で、99歳まで夫人の祖国であるノルウェーに買った家へ出かけていたという。この夫婦は結婚70周年を迎えたそうだから夫人も相当な長生きいである。著者は亡命ハンガリー人とのことで、ケナンに対して批判的な部分があることはないのだが、ケナンが隆盛であったマッカーシズムとは距離を置いてたこと示す演説録が付録として付いている。アメリカ生まれのアメリカ人としては当時としては異例の国際経験があった訳で、外交官としてのバランス感覚も単純な反共主義者に成り得ない要素であったかと思われる。当然、中国との新たな冷戦の始まりは予想していただろうし、実際にその台頭を実感できる時代まで生きた訳だが、その辺のことはあの世で小平を封じ込めてもらえれば。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する