FC2ブログ
2011年09月17日Sat [00:19] 韓国 | 本・雑誌 |読書メモ  

歌舞伎町ラブホテル 夜間清掃人は見た!

歌舞伎町ラブホテル夜間清掃人は見た!歌舞伎町ラブホテル夜間清掃人は見た!
山谷 哲夫

宝島社 2010-12-10
売り上げランキング : 267976

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


歌舞伎町のラブホテル清掃員募集の面接ではねられ続けた著者がもぐりこめたのは「エリゼ宮」。マルサと間違われたからとしているが、マルサは潜入なんかしているのか。本名だったら、その経歴はすぐにばれる時代だからじゃないのかな。古くは従軍慰安婦のドキュも撮った人らしいのだが、最近は「転向」して韓国人の脱税追跡などをしているらしい。清掃人になったところで、在日のドンである会長の脱税など洗えることもないのだが、本社への連絡ノートから日々の売り上げに基づく年商を約5億円と見積もっている。清掃人では本社の納税証明書を取れる術もなく、そn脱税額がどんなものなのかはやはり不明のままなので、巨悪に対するメスというより、ラブホテル裏側事情といった体裁になっている。その方が面白かったりもする訳だが、組関係まではさすがにヤバイから取材の手を進めてはいない。民団系は総連ほど税金を払わないことを当然としていた訳ではないそうだが、商銀も朝銀同様の運命を辿ったことで、少なくとも脱税ということが当然のこととされてきたことは間違いない。最近では民団は参政権、総連は朝高無料化の関係で、日本人と同じ税金を払っているから、同じ権利をというロジックを使っているのだが、ほんの少し前までは「差別」を理由に税金を払う必要はないと公言して、実際に払っていないケースが大勢だったらしい。裁判の場でもそう証言する在日商工人の姿を見て衝撃を受けたことが著者の「転向」のきっかけなのかは分からんが、バイトの韓国人留学生が人使いの荒い会長を見て、あれは絶対韓国人ではないと言い張ったとかいうのも面白い。日本人だと、逆にそれが韓国人経営者の証左になったりもするのだけど。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する