FC2ブログ
2011年05月28日Sat [01:54] 米国 | 本・雑誌 |読書メモ  

ニューヨーク 変わりゆく街の食文化

ニューヨーク 変わりゆく街の食文化―食文化年代記2001-2010―ニューヨーク 変わりゆく街の食文化―食文化年代記2001-2010―
松本 紘宇

明石書店 2011-03-25
売り上げランキング : 863863

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「グルメジャーナル」と「週刊ホテルレストラン」に連載していたものとのこと。いずれも現物は見たことが無いが、同時期に「週刊NY生活」にれんさいされたいたものは前に書籍化されており、そちらは読んだ。テーマが同じだけに内容の重複もあるそうだが、10年前にあった店が今どれだけ残っているのかという方が問題だろう。東京のエスニック系は2年くらいでオーナーチェンジするものが多いのだが、NYの方が投資もでかいし、許認可も煩雑で、何よりも移民にとって最終ゴール地であることが多いから、寿命もその分長いか。もっとも登場するのはランチ20ドルクラス以上の店ばかりだから、一夜にして、店が入れ替わるなんてことはないか。リーマンショック後の1ドルピザスライスが国際面の記事として伝わるくらいだから、吉野家も3ドルという訳にはいかないんだろうが、自分がいた頃はチャイナタウンでそのくらいで叉焼緬が食えた記憶はある。急増した中国人のなんちゃって日本料理店はNYでは風評被害はなかったのかな。逆に日本人がやってる良貨が駆逐されるなんてことが無ければ良いが。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する