FC2ブログ
2011年05月26日Thu [00:44] 韓国 | 本・雑誌 |読書メモ  

焼肉の誕生

焼肉の誕生 (生活文化史選書)焼肉の誕生 (生活文化史選書)
佐々木 道雄

雄山閣 2011-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


雄山閣の生活文化史線よというヤツらしい。この版元は金日成本で有名だが、総連本部と同じ町内にあるんだな。ということで焼肉ものという訳でもないんだろうが、朝鮮系の市民団体で歴史を学びながら朝鮮人研究者の焼肉朝鮮起源説は否定する在野の日本人研究者が著者。何でも焼肉はプルコギの翻訳語だから、戦後に広まった言葉という説を唱えている在日学者がいるらしいが、幾らなんでもそれはなくいだろうとのこと。また焼肉の部位の単語のほとんどが朝鮮語由来というのもウソで、そのほとんどは実は日本語であるらしい。著者はトリビアで、「ホルモン」放るもん説を否定したことで有名になったそうだが、日本人は古来より肉食もしていたし、内蔵食もあったとも。その一方黒田御大の韓国の焼肉店で従業員が食べるのをせかすのはおいしいうちに食べてもらうということではなく、従業員が早く帰りたいからという説も否定し、これは前者が正しいとする。まあクロダ記者の場合は幾分に皮肉が込められたものかとは思う。ただ、意外に思ったのは韓国人はビビンバでも何でも混ぜりこねて食べること自体が習慣だった訳ではなく、まず混ぜ合わせない状態で食材が新鮮かどうか見せるという習慣が先にあったとのこと。焼肉とか冷麺を客の前でハサミで切ってくれるのも同じ理屈なのだという。松屋のビビン丼セールで早速こね回している韓国人を今日も見たが、なんちゃって韓国料理のビビン丼は良いとしても、カレーライスとかをぐちゃぐちゃにしているのは気味が悪いな。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する