FC2ブログ
2011年05月23日Mon [14:48] フィンランド | 本・雑誌 |読書メモ  

クリエイティブ・フィンランド

クリエイティブ・フィンランド―建築・都市・プロダクトのデザインクリエイティブ・フィンランド―建築・都市・プロダクトのデザイン
大久保 慈

学芸出版社 2010-11-10
売り上げランキング : 438874

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


教育ものでないフィンランド本。ただ、著者はフィンランドの大学を卒業して在住15年という日本人建築家なので、自身が受けた授業の話などはあり。他の教育本にはフィンランドの大学は医学部以外の受験競争はなく、志望者は誰でも入れるとも書いてあったのだが、著者はこれを否定し、ヘルシンキ工科大学の建築学科は難関で五浪した人もいるとのこと。よく欧米の大学は日本の大学と比較して入るのは易しいが出るのは難しいとか、合否は高校時代の成績で決まるとか言われているのだが、それでは高校時代の成績が最悪だった人は何回受験しようが合格しない訳で、新たに高校に入り直すしか進学の道がないというこということなってしまうのではなかろうか。先日読んだ韓国の教育本でも韓国では成績トップクラスの生徒は一流高校を避けて、高校の内申書を上げることにより一流大学の受験を優位にする現象があるともあったが、一発逆転が可能な日本のシステムの方がまだ希望はある様な感じもする。もっとも問題の本質は大学間格差にあるのだろうけど。

Re Comments.

『著者です』 
クリエイティブ・フィンランドの本を読んでいただいてありがとうございます。
じつはこちらでは高校の成績も単位制みたいなものですので、例えば数学だけとか国語だけというように受験に必要なものだけ夜間学校等で勉強して何度でも受け直して「高校の成績」をあげることも可能です。でも入試ではやっぱり実技試験が一番の難関です。日本とフィンランドの大学の違いはとくに工学部では実務性、将来への人材養成の目標でしょうか。
重ね重ね、ありがとうございました。
2011/06/18(Sat) 17:52:09 | URL | 大久保慈さん #-[ Edit.]
『Re: Re: 著者です』 
> > クリエイティブ・フィンランドの本を読んでいただいてありがとうございます。
> > じつはこちらでは高校の成績も単位制みたいなものですので、例えば数学だけとか国語だけというように受験に必要なものだけ夜間学校等で勉強して何度でも受け直して「高校の成績」をあげることも可能です。でも入試ではやっぱり実技試験が一番の難関です。日本とフィンランドの大学の違いはとくに工学部では実務性、将来への人材養成の目標でしょうか。
> > 重ね重ね、ありがとうございました。
>
> コメントいただき恐縮です。
> 建築には全くの門外漢であるため、本題から外れる感想文で申し訳ありませんでした。
> 日本とフィンランドの入試制度の違いが大変よく分かりました。ありがとうございます。
> フィンランドではないのですが、一時私も、高卒後に留学を考えたことがありまして、色々と調べると、高校の成績表を翻訳して提出ということで、こりゃダメだと思い止めてしまったことがありました。後になって他にも方法があると知ったのですが、未だに脳内留学中です。
2011/06/18(Sat) 23:43:57 | URL | netoさん #-[ Edit.]
Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する