FC2ブログ
2011年05月22日Sun [23:55] インド | 本・雑誌 |読書メモ  

文化を転位させる

文化を転位させる (サピエンティア)文化を転位させる (サピエンティア)
ウマ・ナーラーヤン 塩原 良和

法政大学出版局 2010-11-15
売り上げランキング : 240472

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これもインドフェミニズムもの。著者は在米で南インド出身のタミル人女性研究者。原書は1997年とのこと。最初に西洋からの批判は取り合わない民族主義的言説を批判したりしているので、「西洋かぶれ」のフェミニストかと思いきや、西洋人の批判の多くはインド人女性の人権を重んじてのものではなく、自らの文化的優越意識をを満足させるからだとのこと。そして米国社会のダウリー殺人とサティー非難言説のまやかしを問う。往々にして両者が混同されていることを指摘しているが、ダウリー殺人は米国のDV殺人と同質のものと主張。最後の章は何故か打って変わって食文化について。アメリカのインド料理店が北インドの発酵していないパンが主食になっていることを南は米だと批判しているのだが、その多くがネパール人、バングラデシュ人の経営ながらナン一色の日本のインド料理店よりマシか。アメリカでインド女性の話題と言えばサティーで常に同情されてしまうことに困惑しているそうだが、結局、インドの多様性を理解せよということが一番の主張か。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する