FC2ブログ
2011年05月22日Sun [13:56] 中東/アラブ | 本・雑誌 |読書メモ  

仮想戦争

仮想戦争―イスラーム・イスラエル・アメリカの原理主義仮想戦争―イスラーム・イスラエル・アメリカの原理主義
レザー アスラン 白須 英子

藤原書店 2010-07-16
売り上げランキング : 98227

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


原書はペーパーバックらしい。著者の肩書きはライター、宗教学者とあるが、これはどちらかというと前者の仕事か。イラン生まれで革命により幼少時にアメリカに移住した著者がエルサレムや北イラク、英国ビーストン、カイロのアメリカン大学などを訪れ雑記を記すのだが、著者の国籍はイランでアメリカの公民権(グリーンカードか?)保持者だという。案の定、イスラエル入国で大もめなのだが、国籍イランと言うことはイランのパスポートなのか。著者はユダヤ人でなくムスリムということなのだが、ビザとかどうなんだろう。亡命イラン人がそのままイランのパスポートを持つこともできるんだろうけど、難民パスポートとかのだろうか。国籍はイランでアメリカは市民権ではなく公民権というのだから、アメリカのパスポートではなさそうだし、なぜその辺を詳らかにしてくれないのかな。外見上はユダヤ人にもアラブ人にも見えるというのは元は同根だから当然なのだけど、カイロのアメリカン大学では一発で非アラブ人であることを見破られてきたらしい。中東民主化の動きは予測できなかったみたいで、もっぱら「文明の衝突」に根ざしたことを書いている。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する