FC2ブログ
2011年05月06日Fri [23:39] 米国 | 本・雑誌 |読書メモ  

現代アメリカ

現代アメリカ (有斐閣アルマ)現代アメリカ (有斐閣アルマ)
渡辺 靖

有斐閣 2010-11-25
売り上げランキング : 269454

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


有斐閣のアルマは大学テキストシリーズであると謳っている。総勢13人の執筆者は全員大学教員だが、自分の授業で使用しているのだろうか。編者の渡辺靖や村田晃嗣といったスター教授が入っているが、ほぼ全員が同世代で、その幅は54年生まれから71年生まれまでの17年である。学部の入門講座を担当するのはこの世代が多いのだろうが、アメリカをニュートラルに見えるのもこの年代からか。そうしたことを渡辺もちらっと書いているのだが、これが中国やロシアだともっと幅が狭いかもしれない。学生さんも今や反米より反中の方が多そうだし、中東とかアフリカといったところみたいに、アメリカだと啓蒙第一に陥らなくてもすむし、何たって英語や映画の教材アプローチも豊富であるから、教員的にはこと入門に関しては楽なものなのかもしれない。という訳だからではなかろうが、アメリカと言えば、まずトクヴィルから始まるのは定番過ぎないかな。それにしても国家が暗殺を誇る国っていうのはやっぱ違和感がある。テロリストを義士として崇める国家よりはマシかもしれんが。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する