FC2ブログ
2011年03月28日Mon [23:16] 東アジア | 本・雑誌 |読書メモ  

移動する朝鮮族

移動する朝鮮族─エスニック・マイノリティの自己統治移動する朝鮮族─エスニック・マイノリティの自己統治
権香淑

彩流社 2010-12-22
売り上げランキング : 424754

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


朝鮮族研究はトリンガルの当事者研究者が結構な数、日本にいるので、先行研究も豊富あkと思うのだが、これは当事者ではなく、在日の研究者による博論。ちなみに在日とか朝鮮人とかいった呼称のバッティングを避けるためなのか、彼らのオフィシャルな自称は在日本中国朝鮮族なのだそうだ。私も当事者ではないので、在日と韓国人、朝鮮族、北朝鮮出身といったコリアン・ディアスポラ同士の日本での微妙な関係は測りしえないものがあるのだが、どうも在日は韓国人のメンタルは理解できても朝鮮族のそれには距離を感じるところが多い様だ。特に自分たちの日本での立ち位置と朝鮮族の中国での立ち位置を同じ様なものと捉えると、朝鮮族の中国人意識とか、日本への親近感といったものは理解し難いものなのであろう。著者は欧米式に二項対立で虐げられる少数民族といった描き方はしないと宣言しているのだが、それはそうした材料を彼らのインタビューから見つけられなかったからで、それは在日本中国朝鮮族という立場に変わっても、在日や在日漢族社会に比べて、日本の差別だの歴史だのを糾弾することが少ないおとなしき民である。歴史的にみれば、旧満洲に居住していた朝鮮族は韓国人からみれば「親日派」で、中国人からみれば「高麗棒子」なのであるが、彼らの歴史に対する拘りのなさにはもどかしいものがある様だ。その上で、朝鮮族による在日観なども知りたい。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する