FC2ブログ
2010年12月30日Thu [12:44] ブータン | 本・雑誌 |読書メモ  

幸福立国ブータン

幸福立国ブータン 小さな国際国家の大きな挑戦幸福立国ブータン 小さな国際国家の大きな挑戦
大橋 照枝

白水社 2010-07-15
売り上げランキング : 23899

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ブータン地上の楽園系のもの。もっともブータン批判本は滅多にない(ネパール系迫害問題で多少あるくらいか)ので、これがベタなものであることに違いはないのだが、大学のマーケティングの先生がそう簡単に礼賛していいものなのだろうか。マーケティングの面から言うと、GNHという小国のアピールが国際的反響を巻き起こしているのは事実であって、その意味では大成功なのだろうが、このモデルがどこまで有効かという点では実測は不可能である。西洋の桃源郷伝説に上手く乗っているに過ぎないという見方もできるだろうし、国王の退位、西欧型民主主義の実行が、果たして世論の求めるところであったのかというところにも疑問が残る。ネパールやチベット、そしてシッキムの末路を見据えての国王の判断が桃源郷の民主主義なら、GNHというのもこの上ない皮肉に聞こえるのだが。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する