FC2ブログ
2010年07月25日Sun [01:52] フランス | 本・雑誌 |読書メモ  

なぜフランスでは子どもが増えるのか

なぜフランスでは子どもが増えるのか -フランス女性のライフスタイル (講談社現代新書)なぜフランスでは子どもが増えるのか -フランス女性のライフスタイル (講談社現代新書)
中島 さおり

講談社 2010-05-19
売り上げランキング : 82537

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


このテーマは何人か候補者がいたんだろうが、エッセイストクラブ賞を獲った「パリの女は産んでいる」の人か。「マドンナ」議員はすっかり影が薄くなって、子ども手当てだの中国人生活保護大量申請のお騒がせニュースが出てきたものだから「少子化」問題もそこまでして対策するものなのかなという雰囲気が出てきた今日この頃、中国みたいな化け物人口の国と張り合う経済成長はもう結構という声も主流になってきた。問題は将来、年金を誰が支えるのかというところになってくるのだろうが、生活保護の方が支給額が上で、その原資はあるというなら、年金はもう廃止してもいいよ。どうもこの国家主導の産めよ増やせよにも違和感があるのだが、著者によれば、フランスの多産化傾向は婚外子が多いからでも、共働きが普通だからでも、移民が多いからでもないらしい。前の本でもそれが結論みたいになっていたのだが、フランスは恋愛がベタであるからというのが認められる理由らしい。現妻の日本人女性にとっては「草食系」など由々しきことなのだろうが、60代でも週一回ペースとか、アラフォーは無論、50代になっても女性は恋愛に余念がないとしても、それが多産化にどれだけ貢献しているのかという気がしないでもない。著者の仏人ダンナは60代だそうで、図らずしも自らの性生活を暴露してしまった形になっているのだが、ダンナはまだ若い子にナンパされるのだという。ホンマかいな。日本人は若くみえるから著者とは父娘ぐらいに見られているのかもしれんね。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する