FC2ブログ
2009年10月28日Wed [23:59] 米国 | 本・雑誌 |読書メモ  

プリズン・ルール

プリズン・ルールプリズン・ルール

東京キララ社 2009-08
売り上げランキング : 40049

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


アメリカムショ体験記は前にも別のを読んだが、何種類か出ている様だ。日本の刑務所も国際化して久しいが、アメリカのそれは移民が主役であることは間違いない。三浦和義さんを始め、日本人受刑者は別に珍しい存在ではないのかもしれないが、出版される獄中記は劇画的になる傾向があるみたい。この著者のはその極にあるものだろうが、最初の手記は映画化もされ、反響が大きかったので、これはその続編とのこと。版元は河出コードだけど、特殊漫画家根本敬をフィーチャーしたキワモノを得意としている様だ。この著者はチカーノのグループに入って生き延びたらしいが、アメリカの塀の中は、もはや人権だとか、人種差別だとか。ポリティカルコレクトだとか、そんな生易しい概念が通用する世界ではないことはまあ分かる。黒人とか中国人などは嫌いとかいうレベルではなく、ほとんど動物扱いだが、あちらではタテマエを抜きにすれば塀の外でも大して事情は変わらんだろう。しかし、これが塀の中の現実なら、事実は映画より奇なりということになるのだが、日本の刑務所はアメリカと違って、自由はなくとも生存権は保証されているといったところか。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する