FC2ブログ
2009年07月31日Fri [00:29] ドイツ | 本・雑誌 |読書メモ  

青年ヒトラー

青年ヒトラー (平凡社新書)青年ヒトラー (平凡社新書)

平凡社 2009-03
売り上げランキング : 163773

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ヒトラーものは、年中行事なんだけど、最近は映画のこともあって、最期にばかり偏ってい多様なキがした。その点、こちらは「青年ヒトラー」と銘打ってる通り、政治家として頭角を現す青年期までがテーマなので、読みやすいことは読みやすい。ただ、そのユダヤ人説を含めてヒトラーの人生は研究しつくされているので、著者がヒトラーの出た小学校を見に行ったことぐらいしか新しい発見はなかった様だ。著者は長くドイツに住んでいる人らしく、ドイツ・リベラルの主張そのまんまになっている。曰く、ユダヤ人虐殺の責任はヒトラー一人にあり、ヒトラーさえいなければホロコーストの悲劇は無かった。ドイツ人は国民一人一人がユダヤに謝罪観念を持っており、「アジア」で孤立する日本人とは大きく違うとか。しかし、ヒトラー一人の掛け声でユダヤ人が殲滅させられるなどと本気で思ってるのだろうか。大体、ドイツ以外からもユダヤ人が移送されてるのだし、ロマとか同性愛者はどうなのよ。ヒトラー一人に責任を負わせれば済むと思ってるくせに、しゃあしゃあと国民が皆謝罪観念を持ってるとかウソこくなよ。自分がドイツ人になったつもりで、日本人に対して優越感でも持ってるんだろうか。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する