FC2ブログ
2009年02月24日Tue [12:44] リビア | 本・雑誌 |読書メモ  

リビア物語

リビア物語―世界遺産と大砂漠の旅リビア物語―世界遺産と大砂漠の旅
滝口 鉄夫

論創社 2007-01
売り上げランキング : 480214

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


本題が「リビア物語」で、副題が「世界遺産と大砂漠の旅」。まあ、内容的にはその通りなんだけど、これはあんまり入っていけない一品だった。著者は写真家の人らしく、写真も結構、挿入されているのだが、なんだかガイドの説明をずうっと聞かされている様なつまらなさを感じないでもない。歴史ものが好きな人にはいいんだろうが、「カルタゴ物語」ではなく、「リビア物語」なら、もっと「旅」の話をしてもよかろうに。写真家が「歴史」を語るなとは言わんが、どこかアンバランスにも感じる。これが観光振興に方向転換したリビアの招待旅行なのかどうか分からぬが、未だにリビアの取材には不自由なところが多そうだ。そろそろリビア社会に深く切れ込んだリビア本を読みたいものだが、無難な「歴史」しか、まだ手が出せない状態なのだろうか。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する