FC2ブログ
2008年07月24日Thu [11:50] 中国 | 本・雑誌 |読書メモ  

黒龍江省から来た女

黒龍江省から来た女黒龍江省から来た女
(2008/03)
永瀬 隼介

商品詳細を見る


例のインシュリン妻の話。著者は新潮で記者をしていたという事件モノなのだが、最近は小説に手を出しているらしい。祝康成という人は華僑系かと思っていたのだが、そうではない様で、小説にはこの永瀬隼介という名前を使っているらしい。よって、これもメタフィクション系なのかもしれないが、その絶望的な雰囲気はよく出していると思う。鈴木詩織にも何度も面会に行ったそうだが、雑誌に書かれると思って警戒されていたのだという。何でも詩織本人が手記を出そうと画策していたらしく、新潮の編集者にはその原稿が届けられたのだとか。この鈴木詩織や尹麗娜の様な「毒婦」が培われた土壌は中国なのか日本なのかについて、本人はもちろん、中国人もその責任は日本にあると考えるのが普通の様だ。中国人の拝金主義、残虐性や日本人の陰湿、堕落した資本主義のどちらかに罪を着せて、その犯罪も犯人も非人間的な表象にしてしまうと、やがて第二、第三の詩織が現れるというものである。加藤智大についても「格差」が主因ではなかったはずだし、宅間や酒鬼薔薇との類似性を指摘すると、詩織を「中国」に帰結してしまうとの同じく、犯罪が残したメッセージを見誤らせると思う。著者が方正県でみた現実が、想定していたストーリーを変更させたのかもしれない。詩織と日本人ヤクザの関係などみると、弱者を演じ切れなかった女という側面も見えてくる。強者としての中国人女性とは、中国人も女性も差別されているとされる日本という国に生きる中国人女性のプライドで熟成されたイメージなのかもしれない。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する