2008年04月02日Wed [01:29] タヒチ | 本・雑誌 |読書メモ  

フランス領ポリネシア 

フランス領ポリネシア (文庫クセジュ)フランス領ポリネシア (文庫クセジュ)
(2006/03)
エマニュエル ヴィニュロン

商品詳細を見る


原著は1995年というのはいかにも文庫クセジュらしいが、これはちょっと怪しい匂いが漂う本だった。というのも例の核実験実行再開直前に出版され、その核実験施設建設が如何に経済的恩恵を与えているかを滔々と述べているからである。言ってみれば実行を前に露払いしている感じなのだが、公衆衛生が専門という著者がそんな役割を担っているのもなんか疑念を生じてしまう。生態系など環境問題にも詳しい解説があるのだが、核関連は全く書いていなくて意図的に言及を避けていると思われる。その一方、著者の専門外である経済的利潤について再三触れているのは不可思議。その経済的恩恵が事実だとしても、科学者としての誠実さは疑われてしまう。もっと不可思議なのは今頃こんな本をラインナップに加えた白水社だが、訳者もさすがにその辺は気になったと見え、あとがきでフォローしてるのだが、どうも腑に落ちない一書であることには変わらない。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

Trackbacks.

    *フランス領ポリネシア * のトラックバックURLはこちら
  • http://neto.blog10.fc2.com/tb.php/2696-d6516195
【生態系】の口コミ情報を探しているなら 生態系 に関する口コミ情報を探していますか?最新の検索結果をまとめて、口コミや評判、ショッピング情報をお届けしています…

2008/04/02 08:51:13[人気のキーワードからまとめてサーチ!]