FC2ブログ
ジプシー・ミュージックの真実―ロマ・フィールド・レポート ジプシー・ミュージックの真実―ロマ・フィールド・レポート
関口 義人 (2005/09)
青土社

この商品の詳細を見る


基本的には「中村とうよう系」の音楽評論(ちなみに連載は『ラティーナ』)なのだが、これが見事な社会評論になっているので驚いた。この著者の本は一冊読んではいたのだが、私は「ジプシー・ミュージック」には全く不案内かつ興味もなく、ボハン・マルコビッチとかファンファーレ・チョカーリアとか言われても、ああそれそれとか言える知識も触覚もない。極めて一般人的に映画『アンダーグラウンド』を傑作だと思ったり、著者がジプシー・ミュージックの世俗的な例外と位置づけるジプシー・キングスをかつて愛聴していた程度のものである。それが、アルバニアとかマケドニアといった東欧諸国のロマ・ミュージックを訪ねる300ページ強のコアな話についていけたのも、音楽話以外の社会・文化・歴史解説が的確(たぶん)で、限りなくロマを愛しながら、決してロマの応援団とは化さない著者の優れた観察力のなせる術だと思う。現地NGOとコンタクトをとる、ロマを「助手」として同行させるといった取材のルールを決めているのも、数多のガジョ研究者の失敗から学んだというより著者の経験値からきているものであろう。最後の「結論」も見事で、旅行記でありながら論文としての完成度も高い。「富」や「豊かさ」に興味がない、などと言えるのはその環境に一定の富が既に潜在的に備わっているからであるというのは至言である。「異系の神」(畏敬ではないのかな)の説明として、そのコミュニティから追放されれば、一転して悪魔の世界、地獄に陥る事であるとしているのもロマ社会を理解するひとつのキーワードとなるであろう。しかし、それでも足りないと思ったのか、付記を2つもつけてロマ研究の最新情報と「穢れ」の項を追加している。この辺には著者の対象に迫る上での誠実さを感じる。

Re Comments.

『』 
はじめまして^^

私の芸能サイトで
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

紹介記事は
http://newstoday0001.blog95.fc2.com/blog-entry-563.html
です。

これからもよろしくお願いいたします^^
2007/04/26(Thu) 12:22:35 | URL | ホットキーワードさん #-[ Edit.]
Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する