FC2ブログ
2021年02月26日Fri [02:23] エチオピア  

エチオピア高原の吟遊詩人 



研究者みたいだが、映像人類学という分野だそう。音楽之友社でもあるので、旅日記風のホンになっている。本編としては映像作品の方かもしれん。差別される吟遊楽師の集団がエチオピアにあって、子どもたちとの交流がメインになっている様だが、こうしたグループは世界中にあるものだが、ジプシー(ポリコレ的にはロマ)の様なグローバル化したものはむしろ少数で、大抵はその言語的制約により国境の中に限られる芸能集団ではある。もちろん日本にもそうした集団がいること、いたこと、被差別の歴史を持つというは共通であるのだが、国家的に伝統芸能に昇華したり、国境の外から「発見」されたりすると、その具象は消滅するということにもなる。エチオピアも国外人口が多い国ではあるのだが、著者の作品が海外で上映されたところ、在外エチオピア人から批判が集中したのだという。所謂、国の恥部を海外に領布する外国人という立場にされた訳だが、こういうのは反論は難しいものである。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する