FC2ブログ
2020年09月27日Sun [23:29] 米国  

米国と戦後東アジア秩序



博論ではなく、初単著らしい。現在確定しつつある米中新冷戦の状況は戦後米国の対中政策失敗が要因ではないのだが、中国大国化政策が実施されていれば、日本の無力化も実施されていた訳で、そうなると、戦後復興も高度成長も時代がずれるか、無かったのかもしれない。それはその前提であった国府の敗北の前どころか、終戦前の青写真に過ぎないのだが、日本の資本財を戦時賠償として取り上げて、周辺国に分配するというシナリオ自体が敗戦後に乗り込んできた米軍によって無理筋だと悟られてしまう。ガルブレイスもその中にいて、これを移築しても有効に使えるとは思えないと主張したそうだが、満洲や朝鮮に残った資本財が工業化の礎にはなったし、ソ連も根こそぎ持ち帰ったので、何がしかの使い道はあったのだろう。蒋介石が大陸から逃避したこと、沖縄領有を断ったことは「以徳報怨」とは関係ないのだが、日本にとっては蒋介石に助けられた一面ではある。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する