FC2ブログ
2020年08月29日Sat [02:45] ブラジル  

強権に「いいね!」を押す若者たち 



玉川透と玉川徹を混同していたのだが、こちらは朝日新聞の方らしい。ベルリン支局長からGROBE編集長代理というのは左遷なのか栄転なのか分らんが、日曜についているやつか。あれは学生に国際問題を関心を持たせようという趣旨のものみたいだが、軍事政権でも別に良いんじゃんと言う学生がいたことにショックを受けたらしい。それでブラジルまで飛んで、ボルサノーロ支持者の富裕層白人(これも恣意的だが)の若者にインタビューしたりするのだが、19歳のブラジル人に50歳の日本人が軍事政権は悪いものなんだよと諭したりしている。これこそが朝日とは言わんが、「リベラル」の傲慢さを体現していると思うが、ブラジル人でも昔は良かったなと言う人は多い。自分は社会を理解できる年齢ではなかったが、普通に子供らだけで外で遊べたし、知らん大人に混じってサッカー観たりもできた。軍事政権というと、ある日突然逮捕されて拷問され、徴兵され、言論の自由が無い独裁体制で戦後作られた「戦前」のイメージを想起するのかもしれんが、大多数にとって日常の空気は時代で変わるもんでもない。今の日本は言論の自由が無い独裁国家だというのが新聞労連の見解みたいだが、その体制を民意の選挙ではなく、記者の主張通りにデモで倒したら民主主義なのかという疑問は当然出てくるだろうし、そうして生まれた政権で格差が拡大し、治安が悪化し、景気が後退して、就職もなくなるというケースの方が少なくないというか多い。大新聞記者は理想だけで十分腹いっぱい飯を食っていけるが、普通の学生は自分の食い扶持が先細りするのを社会が悪い、政治が悪いからだと単純化はできないのである。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する