FC2ブログ
2020年06月24日Wed [01:47] 東アジア  

移民と日本社会



中公新書は今年二期連続で移民ものをぶち込んできたのか。予定では今年、空前の外国人来日があるはずだったから、それに付随する形での移民社会研究はトレンドになるはずではあった。もはや外国人原則入国禁止というブータンみたいなことに日本がなるとは誰も思わなかった訳だが、国内移動も原則禁止になったことで、地方では実習生不在による人手不足が、都会では経済活動縮小による外国人の失職が生じた。その辺はもう1冊の方のテーマになると思うが、移民絶対必要論も土台が揺るぎ始めた。移民警戒論でよく言われる犯罪率と出生率に関して、移民を受け入れることにより、むしろ低下するというのが実証主義的にもポリコレとしても定説になってきているが、そもそも全国マクロと集住地域ミクロを分けないと意味がないのではという観もある。欧州の分断化もそうした文脈上にある訳だが、多文化主義はもはや大きな岐路に立たされていると言ってよかろう。いずれにしてもコロナ後の世界は我々が予想し得ない展開になるが、日本も「世界」も移民の大移動が今後数年のうちに活発化することは無いということは言えよう。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する