FC2ブログ


講談社の自部門かと思ったのだが、前著を読んでいた人だった。タイトルは記憶にあるのだが、南米の話だったかな。感想読み返すと最悪っぽいので、一歩前進と言えるかもしれんが、運び屋の話だったのかも帰国にない。運び屋にハンドキャリーとフリガナ付けているのは税関対策かもしれんが、クーリエで食っている修行僧は多いんかな。ユーチューバーよりは割は良いのかもしれんが、リスク的にはどうなんだろう。首絞め強盗とか、ベネズエラの中国人差別は私も経験者なので、思うところはあるのだが、ゴーン日和の今日思うのは日本も段々とあの手の口八丁手八丁には免疫が付いてきたってトコかな。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する