FC2ブログ
2019年12月15日Sun [16:09] 米国  

英語、苦手かも…?と思ったときに読む本



14才系。今は何シリーズ残っているんだろう。河出だけど、14才でも人権ものより、英語が鉄板か。英語教育本を累計400万部を売ったという著者だが、最近は日本人向け英語教育から、英語で日本文化ビジネスにシフトしているらしい。例の内向き志向やインバウンド需要が関係しているのだろうが、やはり本業の種まきはしなくてはならないということで、英語必修喚起本。相手が14才とはいえ、英語帝国主義の予防線は張っており、アメリカ人だからではなく、世界言語としての英語の必要性を訴えている。定番の定冠詞説明は文法主義の日本人の一番の泣き所であると知っているのだろう。今はその手があるかと思ったのは、会話相手にはSIRIやALEXAを使えということで、なるほどこれなら、恥の文化もノープロブレムである。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する