FC2ブログ
2019年11月07日Thu [15:36] 中国  

スッキリ中国論 

スッキリ中国論 スジの日本、量の中国
田中 信彦
日経BP
売り上げランキング: 65,953


「ぼくの上海行商紀行」から22年も経ったのか。その間の中国の変化は日本の22年の変化の10倍以上はあったのだろうけど、結局、アナクロ的な「中国人論」になってしまうのは社会は変わっても本質は変わらんということか。22年前の本はかなり面白くて、自分も触発され、工場を辞めて行商を始めたりしたのだが、未だに中国がスッキリと分かったことはない。よくよく考えると、日本にも昔から中国人的な人がいて、中国にも日本人的な人が少なからずいて、中国だから、日本だからという結論に結びつけるの無理があるのだが、それをしないと日々のモヤモヤが積み重ねって精神衛生上良くないので、スッキリさせるということか。地震の際、著者の個人口座に1000万円が振り込まれてきたという話があるけど、こういう「本気を見せる」、「信用を買う」のは相手が日本人だからできる業なのではないかという気もする。というのは私も会ったことがない相手から仕入れ資金として500万円くらい振り込まれてきたことがあって、ビビったことがあるのだが、中国でカネに余裕がある人は日本人のスジを量で買う計算はしているのだろう。後にユダヤ系の商人もそういう手を使うことがあると知った。中国には日本人は集団では龍であるが、個人では虫という言葉があるけど、幾ら一人の中国人は龍であるといったところで、実社会で信用できるのは龍ではなく、虫の方であろう。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する