FC2ブログ
2019年06月19日Wed [14:24] 東アジア  

地方発外国人住民との地域づくり



カトリック系の研究会だろうか。多文化共生教も今や疑問を投げつけられるのがデフォになってしまったが、バックボーンがある人たちは揺るがない。特に地方では大学の権威は有効であるのだが、日本人も外国人も同等に自己責任で生活している街では多文化共生も怪しい人たちの空虚な教えに過ぎない。そうした空気を執筆陣が感じていたのかどうか分からんが、淡々と現状報告に徹しているものがほとんである。何か役所のレポートを読んでいるの様な気がしたのだが、そうした空気に我慢ならなかったのか、編者の一人が暴発している。愛媛は総連と連帯した活動が活発であるみたいだが、総連のレポートみたいのが一つだけあると浮き上がった観は否めない。あとがきでは韓国の「多文化共生」策も絶賛していたから、ああやっぱりといった感じはした。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する