FC2ブログ
2019年02月16日Sat [01:00] ドイツ  

ドイツの新右翼



「ネオナチ」という言葉がいつの間にか使われなくなってきている気がするんだが、ドイツの新右翼は知的でサブカル化しているのだという。左翼に非ずは人に非ずという時代にあっては右翼は一律にネオナチであり、ちょうど今のサヨクが十把人柄げにネトウヨと呼ぶのとと同じ様にヨーロッパではネオナチと呼ばれていたのだが、その意味することは教育水準が低く、失業している連中という蔑みであって、実際にナチスを信奉しているかどうかは問題にされてはいなかった。そうした差別意識は複合的であり、東に対する西の蔑みもその背景にあった。知らんかったが、東の無宗教化は予想以上に進んでいて、カトリックに至っては5%程度だという。西の教会離れとはまた別の構図なのだが、ドイツのウヨサヨの座標軸はイスラームにある様だ。日本のネトパヨも韓国が座標軸になっているが、リベラルを標榜するドイツ左翼がイスラム主義には無批判であるところが、ドイツの新右翼台頭の背景だという。日本も韓国を批判する左翼はほぼいないが、それができないのは植民地主義であるという理解であるらしい。面白いのは逆に宗教的保守性からイスラームに接近する右翼がいるそうで、ドイツの有名な右翼活動家がイスラームに改宗したことはニュースにもなった。いすれにしても、ドイツの現状を見れば、日本で在特会としばき隊がバトルしているのは茶番劇みたいなものであり、ドイツ並みの分断社会がこの先到来するとも思えんな。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する