FC2ブログ
2018年12月17日Mon [03:58] 東南アジア  

東南アジアのポピュラーカルチャー 



500ページ弱の論集。民博の研究会発表分らしい。発表者も文化人類畑と地域研究が半々くらい。音楽関係が多いということで、民博御用達の版元ではなく、スタイルノートが最初から関わったらしい。インドネシアのインディーズ・シーンを書いているのは在日韓国人なのか。デスメタル・インドネシアの認知度は上がったが、それ以外のジャンルでも面白そうなものが出てきている様だ。インドネシアでもバンドで食える環境には無いかもしれんが、かといって音楽以外で食える環境でもないとなると、バンドを続ける理由にはなる。その分、売れる事とか輸出する事といった商品化も気にする必要は無いのだろう。音楽にして映画にしてもガラパゴス市場が成立するのは限られた国しか無いのだろうけど、アイデンティティ性を高めると普遍に近づく。無国籍商品化のみがグローバル化ではなかろう。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する