FC2ブログ
2018年11月11日Sun [04:56] ベルギー  

新・遣欧使節回覧実記



大使もの。フレンチ・スクールみたいで、ベトナム、ベルギー大使歴任。ベトナム本も出していて読んだのだが、親日国好き。まあ孫崎とか天木みたいのは例外であって、反米反日好きが大使になるのは異常ではあろう。ベルギーにもかつて能楽師になったという名物駐日大使がいたのだが、そうした上流階級は王党派であり、よく言われるフランス語系とオランダ語系との分断より、移民を中心とした低所得者層との分断の方が深刻なのだという。王党派はオランダ語系であってもフランス語を好んで使うらしく、この辺はロシア貴族とも似ている。そうした層が親日なのは皇室外交の成果もあるのだが、逆に言えば、ブリュッセルの9割近くになるという、移民や移民背景の人たちは日本などとは疎遠ということでもある。最近はサッカーがその縁を繋いでいるのだが、親日のベルギー人でもおでんは気持ち悪いという人が多いらしい。菜食の台湾人が素食だと思いこんでずっと食べていたということを思い出したが、練り物系は何でできているの分からない不気味さはあるか。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する