FC2ブログ
2018年08月16日Thu [05:10] アフリカ  

アフリカ眠り病とドイツ植民地主義

アフリカ眠り病とドイツ植民地主義――熱帯医学による感染症制圧の夢と現実アフリカ眠り病とドイツ植民地主義――熱帯医学による感染症制圧の夢と現実
磯部 裕幸

みすず書房 2018-07-18
売り上げランキング : 557839

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


博論もの。みすずなので翻訳ものかと思ったのだが、独文博論を日本語で再編したらしい。パブリプさんのドイツ植民地本とは違う人みたいだが、ドイツ留学時代にタンザニア人とあって開眼したのだという。英仏に比べてドイツの植民地が忘却されているのは第一次大戦で敗れたショックがあったからとのことだが、日本でも戦後長らく、植民地研究はアンタッチャブル的なところはあったから、分からなくもない。植民地を失った後の第二次大戦敗戦が更に追い打ちをかけたのかもしれんが、眠り病の患者を救ったことより、収容所に入れ、人体実験をしたという事実がナチスと重なるということもあったろう。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する