FC2ブログ
2018年08月05日Sun [05:01] エジプト  

権威主義体制と政治制度

権威主義体制と政治制度: 「民主化」の時代におけるエジプトの一党優位の実証分析権威主義体制と政治制度: 「民主化」の時代におけるエジプトの一党優位の実証分析
今井 真士

勁草書房 2017-10-14
売り上げランキング : 823356

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


博論もの。副題通りエジプトの話かと思ったのだが、本題通りの包括的内容だった。何でも比較政治学と中東研究の二足のわらじを履くつもりかと言われているそうだが、独裁体制の研究をしていたら、中東に行き着いて、エジプトにたどり着いたといったところか。アラブの春で権威体制が崩れても新たな権威体制がそれに取って代わるだけというのはいつか来た道でもあるのだが、こうした事例を見ていると、アベ政権は事実上の独裁体制、政治学者で反論出来る人はいないだろう言った映画監督のアホぶりは実感できる。アジアで開発独裁が成功し、中東、アフリカでなぜ失敗したかという命題はないのだが、権力は腐敗するという今の反アベ勢力を支えているイデオロギーをリー・クワンユーが逆手に取ったということは分かる。中国がモデルにしたのがシンガポールであり、香港もシンガポールに倣ったのだが、香港とシンガポールが汚職追放に成功したのに対し、中国が苦戦するのはそのサイズだけが理由ではなかろう。中国と中東、アフリカの親和性はその権威体制にある。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する