FC2ブログ
2018年07月25日Wed [05:03] 東アジア  

〈異郷〉としての日本

〈異郷〉としての日本: 東アジアの留学生がみた近代〈異郷〉としての日本: 東アジアの留学生がみた近代
和田 博文

勉誠出版 2017-10-31
売り上げランキング : 300987

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これも戦前の来日留学生ものだが、先日読んだ千葉大のよりスケールが大きい。中国と韓国から研究者が参加しているが、対w何からは何故か輔仁大学の日本人。ただ、しこの人は清華寮の事を書いていて、個人的によく知っている場所だったので、興味深い。留学生寮を巡る争いとしては外交問題にまでなった光華寮の方が有名だが、大正時代に建てたられた当初から、帰属を巡っての争いや、食事を巡ってのストライキがあったりしたそうな。戦後も左傾化した学生に占拠され、大陸への輸送ポイントとなったりしたのだが、北朝鮮を経由して中国入りしたということは朝鮮総連のルートを使ったのか。そうして中国に渡った台湾人留学生のほとんどは文革を生き延びても、帰国できたのは30年後とかになった。戦前の糾弾集会では朝鮮人留学生が演説したという記録があるそうだが、その辺の抗日事情は今と通じるものもあるか。中国人の第一次日本留学ブームは清の時代だが、高等教育機関に進学できたのは1%くらいだったという。周恩来も落ちた内の一人だが、割合としては日本人と同じくらいか。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する