FC2ブログ
2018年07月23日Mon [04:49] インド  

五〇年の経験を本音で語る巨象インドの真実

五〇年の経験を本音で語る巨象インドの真実 (いんど・いんどシリーズ)五〇年の経験を本音で語る巨象インドの真実 (いんど・いんどシリーズ)
武藤 友治

出帆新社 2017-09-30
売り上げランキング : 1684168

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


元ムンバイ総領事の領事ものであるが、ボンベイの時代で、今年米寿か。私がボンベイ領事館に手紙を受け取りに行った頃、領事だった人かな。大阪外大印語卒のプロパーで、ネルーの通訳もしたというから歴史の生き証人でもあるのだが、アベ政権には不満の様である。アベとインドはかつてない程の両想いになっているのだが、著者のキャリアのほとんどはインドがソ連寄りだった時代であるから、今のインド・スクールとも色々柵はあろう。この版元はたしか自費出版の古株だが、インドものを精力的に出しているみたいで、著者は第2弾。読者クラブも積極的に開催しているそうだが、直木賞作家の人ともそこで知り合ったのだとか。しかし、初対面で、私は直木賞作家の○○ですなんていう自己紹介はあるかな。それはともかく、インド独立の志士朝子さんとも面識があるみたいで、タタの部長である息子さんを通して知り合ったらしい。朝子さんの人柄は本で読んだ通りみたいだが、やはり戦前の女学校出の綺麗な日本語が印象に残ったらしい。一昔前の台湾でもそうした上品な御婦人が大勢いらして、私も恐縮していたものである。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する