FC2ブログ
2018年07月23日Mon [04:02] 中国  

戦時秩序に巣喰う「声」

戦時秩序に巣喰う「声」  日中戦争・国共内戦・朝鮮戦争と中国社会戦時秩序に巣喰う「声」 日中戦争・国共内戦・朝鮮戦争と中国社会
笹川裕史 一ノ瀬俊也

創土社 2017-08-16
売り上げランキング : 1137316

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


中国基層社会史研究会というのか。笹川裕史とが編者で、アマゾンだと一ノ瀬俊也も表示されるのだが、これは戦時下色を出すためなのか、単に一ノ瀬が執筆陣の中でメジャーな人だからなのか。サブタイには3つの戦争が明示されいるが、「戦後」ものも何本か。松田康博は台湾だが、進駐した国民党の台湾調査報告の論考。反共よりも日本文化に対する敵愾心が強いのだが、原住民の日本語使用や映画や歌などの日本文化を全面禁止した訳ではなかった点には着目。反共を優先させたという事情もあろうが、中華文化の優越性を以て日本文化を駆逐するには限界があった事も見てとれる。こういった歴史は「統一」の青写真を描いている今の中共も研究済みではあろう。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する