FC2ブログ
2018年04月07日Sat [05:45] イタリア  

ベルルスコーニの時代

ベルルスコーニの時代――崩れゆくイタリア政治 (岩波新書)ベルルスコーニの時代――崩れゆくイタリア政治 (岩波新書)
村上 信一郎

岩波書店 2018-02-21
売り上げランキング : 96568

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ベルルスコーニというか、同時代イタリア政治史なのだが、これはイタリア政治事情に通じていない人は頭の中で整理できなくなるんじゃないかな。マフィアが支配する国と言えば、そうであろうし、マフィアとの戦いを掲げた国でもあるのだが、ベルルスコーニは政治家というより、マフィアのフロントみたいに思える。北部同盟もその主張はともかく、政党だと思っていたのだが、どうも違う力学的要素があった様だ。イタリア統一を否定するのであれば、ネオ都市国家主義者が現れても不思議ではないが、実際にテロまで起きていたとは知らんかった。90年代にイタリアはGDPでも平均賃金でもイギリスを上回った時期があったそうだが、ACミランとセリエAの黄金期と重なるな。現在、プレミア・リーグが世界トップにあるのも英国経済が挽回したからということになるのだろうが、今でもベルルスコーニが影響力を保持しているのは、バブルの申し子であったからなのだろうか。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する