FC2ブログ
2018年04月07日Sat [05:30] オマーン  

オマーンを知るための55章

オマーンを知るための55章 (エリア・スタディーズ163)オマーンを知るための55章 (エリア・スタディーズ163)
松尾 昌樹

明石書店 2018-02-28
売り上げランキング : 199741

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


東日本大震災の支援金額が、アメリカ、台湾、タイに次ぐ巨額であった為、一気に「親日国」として認識されたので、明石もラインアップに加えたということではないだろうが、別の統計では1位、2位だったクウェート、カタール、GDP比率1位のパプアニューギニアもまだ出ていないか。それに関連して注目された日本人の血を引く王女に関しても、あっけないくらいしか触れれていない。分からんけど、公式的には触れてはいけない事情があるのかもしれん。向こうはそうではなくても、日本の皇族の扱いとの兼ね合いもあるだろう。ということではないが、歴史、地理の話が中心である。外国人比率が過半数を超えているとか、独立時に学校は数校しかなかったといった話は湾岸諸国に共通しているものだが、オマーン人もかつてはサウジアラビアなどに出稼ぎに行く側であったらしい。ザンジバルからの帰還民については興味深い。主食はコメではなくウガリであり、スワヒリ文化は保持したままとのことだが、その辺にレイシズムの問題があるのかどうかについては分からない。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する