FC2ブログ
2018年02月13日Tue [04:10] ドイツ  

シャハト

シャハト ―ナチスドイツのテクノクラートの経済政策とその構想―シャハト ―ナチスドイツのテクノクラートの経済政策とその構想―
川瀬 泰史

三恵社 2017-08-03
売り上げランキング : 523987

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ヒトラーの○○はヒトラー本のサブジャンルとして定番なのだが、この主人公は「ヒトラーの銀行家」という本になっている様だ。著者は修論もこのシャフトという人で獲ったらしいが、後にドイツに留学して、本人の娘さんなどとも会ったらしい。ということで、ナチス時代の銀行トップであった人であるが、ヒトラーによって解任されているので、戦後も西ドイツ銀行業の重鎮として存在していたらしい。銀行家は時代の空気を読めなくては商売にならないから、ナチス政権誕生前からナチスを評価し、ヒトラーに対しても自分が説得できるという自負があった様だ。ユダヤ人を救ったという事実もある一方で、ユダヤ排斥に加担したという評価もあって、それこそが時代の空気を読んだということなのだろうが、現在ではナチスに関係したら即アウト的な批判派と功績は評価する派と双方いるらしい。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する