FC2ブログ
2018年01月26日Fri [03:21] 韓国  

父の謝罪碑を撤去します

父の謝罪碑を撤去します 慰安婦問題の原点「吉田清治」長男の独白父の謝罪碑を撤去します 慰安婦問題の原点「吉田清治」長男の独白
大高 未貴

産経新聞出版 2017-06-02
売り上げランキング : 30629

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これも桜系なので、界隈からはヘイト本扱いなのだろうけど、意外と面白いものだった。韓国に勾留中だった元自衛官は帰国できるみたいだが、吉田清治の息子が一杯食わされたのか、一杯食わしてやったのかよく分からんな。いずれにしても、こういう形ではなく、受理される可能性は低いかもしれんが、遺族として法に訴えることもできたろうし、陳情という手なら引き受ける議員は幾らでもいただろう。世論アピールにもならず失敗と言わざるを得ないが、吉田家が謎過ぎて、アンタッチャブル観もある。大高未貴もどれだけ裏を取ったのか、全然取らなかったのか知らんけど、吉田清治の息子二人はソ連留学組で、現在も翻訳で生計を立てているという。昭和44年にモスクワ大からハリコフ工科大というのはあり得るだろうけど、親父はノータッチで、総評の推薦で行ったという。吉田清治の養子となった朝鮮人が全駐労の幹部になったとか、息子は留学記を出して当局に睨まれ帰国、そしたら公安にスカウトされて、ソ連船の監視役になったとか、何が何だかの話が続くのだけど、吉田清治にはふさわしい話でもある。大高未貴は吉田清治はKCIAに操られたという結論ではなく、示唆しているのだが、当時のKCIAは反共と反北朝鮮、反体制派潰しが仕事で、今みたいなジャパン・ディスカウント工作なんてやっている暇あったかな。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する