FC2ブログ
2017年10月05日Thu [05:50] 台湾  

ネイバーフッド台北

ネイバーフッド台北 (Guide for walkable insider)ネイバーフッド台北 (Guide for walkable insider)
吹田 良平

トゥーヴァージンズ 2017-05-31
売り上げランキング : 108871

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


台北のオシャレなお店のオーナー、インタビュー集といったものだが、著者があとがきで台湾人はメディアが言うほど「親日」ではありませんと断らなくてはならなかったのは、登場する人たちが尽く「親日」風情だからなのか。現在の流行りとして、日本時代の建物や文化が台湾の「本土主義」と結びついてオシャレというのがまずあって、更に一番近い「上位文化」としての日本が手本にしやすいということがあるのだから、日本的なものが取り入れられるのもある意味自然なのだが、日本人に近似性をアピールするのも台湾人の一つの「おもてなし」でもある。メディアが言うほどの「親日」がどういうものを指すのか分からんが、中国の「反日」の対極である「親日」という中国軸も間違っている訳ではない。「中国」がななければ、「台湾」も「日本」もない訳で、何より、中国がオシャレの対象になることはないか。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する