FC2ブログ
2017年09月21日Thu [06:08] カナダ  

変えよう!日本の学校

変えよう!  日本の学校ーーカナダ人英語教師が提唱する“エンパワーメント(活力を与える)変えよう! 日本の学校ーーカナダ人英語教師が提唱する“エンパワーメント(活力を与える)" 教育
ピーター・ハウレット ハヌル・ハウレット

柏艪舎 2017-08-11
売り上げランキング : 534908

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


カナダ人英語教師が日本の学校教育に喝!というのはよくありそうなものだが、この親子は父子2代の北海道生まれなのか。著者は親父で、息子は監修・訳なのだが、息子の方は日本の高校まで出ているので、日本語ネイティブなのかもしれん。カナダ人のジャパン・ハンドはノーマンという有名人がいるが、戦後もその系譜が続いているんだな。宣教師稼業は継がないのだろうけど、あれは日本みたいに世襲制でもないし、逆に親は子供を一社会人として世間に置きたいものかもしれん。という訳で函館ラ・サールの英語教師などをしたみたいだが、日本の英語教育はスピーキングとリスニングがなっていない。先生に意見したり、自分で考えるのは許されないといった、凡庸な日本の教育批判だね。別の日本人英語教師が出てきて、試験が全てだからみたいな話をしているのだが、先生に意見したら、評価点下がるというのは常識で、度量のある先生かどうかの見極めがつかないうちは従順なのが無難だろう。意見、批判は歓迎という先生もいるけど、そういう百花斉放百家争鳴の先生ほど毛沢東の可能性が高いことも常識ではある。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する