2017年09月14日Thu [04:59] 中国  

曲がり角に立つ中国

曲がり角に立つ中国:トランプ政権と日中関係のゆくえ曲がり角に立つ中国:トランプ政権と日中関係のゆくえ
豊田 正和 小原 凡司

エヌティティ出版 2017-07-03
売り上げランキング : 349490

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


日本エネルギー経済研究所内の研究会本らしい。小原凡司ともう一人の人は研究所理事長とのこと。理事長はエネルギー関係だけだから、4分の3は小原か。太子党と共青団の単純な二項対立で見るのは間違いというのは散々言われていることなのだが、胡錦濤と習近平が対立関係にないというのもちょっと注意が必要な見方だと思う。胡錦濤は身の安全と引き換えに習近平を支持する立場だと思うのだが、これ以上団派排除や習近平派への鞍替えが進むと、胡錦濤も温家宝も何らかのアクションが必要になってくるかもしれん。胡錦濤が江沢民を切れなかったのは経済政策を引き継いだからで、習近平にその願望を託したところもあるかもしれんが、軍を掌握できなかった点もそれに付随するだろう。胡錦濤としても身の安全は経済が自分たちが踏襲したレールに従っていくかにかかっている訳だが、そのレールから外れて暴走してしまえば、どうなるかは分からん。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する