2017年09月13日Wed [05:39] 米国  

日本株式会社の顧問弁護士

日本株式会社の顧問弁護士 村瀬二郎の「二つの祖国」 (文春新書)日本株式会社の顧問弁護士 村瀬二郎の「二つの祖国」 (文春新書)
児玉 博

文藝春秋 2017-08-18
売り上げランキング : 25404

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


書いているのは財界人とかの評伝作家なので、ちょっとヒロイズムに走り過ぎている観はあるのだが、ビジネス本とみれば王道であろう。村瀬二郎は一般的には知る人ぞ知る存在なのかな。息子は成蹊で安倍晋三の一つ上で、本人も晋太郎と知己がある様なので、安倍訪米の際には必ず会う人なのだそうだが、四代に渡る在米なのか。所謂「帰米」になる訳だが、日本の国民学校では「青い目」だったのに、アメリカに帰って黒くなるなんてことがあるんか。鬼畜米英当時はアメリカ帰りの同級生なんぞは青い目に見えたということなのかもしれん。日系の弁護士は何人もいたのだろうけど、帰米ではあまりいなかったのかもしれん。ちょうど、日本企業の進出ラッシュと米国企業の日本進出に重なったから、地位を築いたというのはあるかもしれんが、その当時の純ジャパ企業は帰米人材でないと上手く付き合えなかったかもしれん。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する