2017年08月13日Sun [06:07] シリア  

シリア難民

シリア難民 人類に突きつけられた21世紀最悪の難問シリア難民 人類に突きつけられた21世紀最悪の難問
パトリック・キングズレー 藤原 朝子

ダイヤモンド社 2016-11-26
売り上げランキング : 193248

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


難民同行ものは一ジャンルとして確立されている感もあるのだが、やはり映像と違って、紙のそれも翻訳だと臨場感がイマイチ。「ガーディアン」初の移民専門記者とのことだが、本人に移民背景がある訳では無いようだ。白人が同行することにより、シリア人が検問されることなく、EU内を移動できたというのはあるかもしれんが、それが目的だとみられると、支障があるから、特にメリットは無かったとしている。立場としてはポリコレで、難民受け入れを拒否する政府は恥を知れなどと言っている。リビアの話があるのだが、高所得国としてリビアからの難民は送り返されることになっているのだが、リビアから来た他のアフリカ諸国出身者は奴隷に近い貧困層なのだという。カダフィ時代はリビアがアフリカ人の出稼ぎ先になっていたが、統一アフリカ大統領を自認したカダフィの下でも、黒人は差別されていたことは窺わせる。そうした観点から行けば、ヨーロッパ以外に身の保全はできないといことになるが、経済難民でないということを証明させることは事実上不可能であろう。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する