2017年07月30日Sun [05:18] ロシア  

国益から見たロシア入門

国益から見たロシア入門  知られざる親日大国はアジアをめざす (PHP新書)国益から見たロシア入門 知られざる親日大国はアジアをめざす (PHP新書)
藤 和彦

PHP研究所 2017-04-15
売り上げランキング : 55388

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


通産省でエネルギーをやっていた人で、ロシア専門家ということではないらしい。だからこそ、国益でロシアを見れるのかもしれんが、ロシアと友好主義の人って今はロシア研究家にもいないのか。中国と一緒で、冷戦時代の反動があったのかもしれんが、それ以上に、中国もロシアの現在の政権を擁護する訳にはいかんというのもあるのかも。中国は大西広とか共産党学者がまだ生き残っているけど、ロシアはもう共産党関係ないし、プーチン礼賛は元NHKの奴しか知らん。プーチンは西側がネガティブ・イメージを植え付けたというのが著者の主張だけど、柔道家という点が日本でそのイメージを和らげているということもないか。ロシア人と対日感情は一方の片思いというのはソ連時代から言われていた事なのだが、その頃以上に、今もロシア人の対中感情と相関性が有るような気もする。何でもロシアの日本好きはロシア軍捕虜収容がきっかけだったというのだが、そうなのかな。捕虜が妓楼通いするなど、やりたい放題だったという話はあるが、第2次大戦の「報復」を考えるとそれもどうかなとも思う。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する