2017年06月21日Wed [05:09] ヨーロッパ  

移動がつくる東中欧・バルカン史

移動がつくる東中欧・バルカン史移動がつくる東中欧・バルカン史
山本 明代

刀水書房 2017-03-05
売り上げランキング : 619492

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ハンガリーのバルカン研究所と日本の東欧研究者による共同研究らしい。シンポやワークショップは名古屋市立大で半分以上開催されており、大学や学術振興会からカネが出ているとのこと。ハンガリー自国と東欧の研究を日本と一緒にやる理由は無いので、日本側の主導なのかもしれん。ハンガリー人研究者も何回も来日したものの、日本との関係史でもなんでもないので、異なる文化だと思ったが、素晴らしい思い出ですとか言っている。もちろん日本とハンガリーは同じアジア人などとは思ってもみないのだが、ハンガリーとスロバキアの住民交換策などは日本と北朝鮮の「帰国事業」とか引き揚げと比較したら面白かったかもしれん。住民交換事業で真っ先に思い浮かぶにはトルコとギリシャのそれだが、バルカンや中欧の入り組んだ民族構成の国ではわりと多く事例がある様だ。インドとパキスタンみたいに流血を伴ったものもあるが、チェコスロバキアはハンガリー領内のスロバキア系を移住させる為にハンガリー国内で宣伝戦を展開し、スロバキア共和国内の特定の地域に移住させる計画をしたらしい。ハンガリーが経済的に厳しい状態だった為にスロバキアに移った人たちも多かったが、来てみたら、「地上の楽園」ではなかったので、再びハンガリーに戻った人たちも少なくなかったのだとか。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する