2017年05月15日Mon [04:34] 台湾  

台湾儒学

台湾儒学―起源、発展とその変転台湾儒学―起源、発展とその変転
陳 昭瑛 松原 舞

風響社 2017-02
売り上げランキング : 1735215

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


台湾儒学というものは良く知らんかったのだが、基本的には清朝の啓蒙、教化が嚆矢であり、日本統治時代は抗日イデオローグでもあったのだろうから、今日的には「本土派」なるのかどうかh分からん。大陸ではなく、台湾で独自の発展した教えであるとしたら○であろうが、実際は清朝の台湾教育史みたいになっている。蓮雅堂の「台湾通史」や呉濁流の「アジアの孤児」も取り上げられているのだが、これらも今の本土派に評価されるものではなかろう。とはいえ、日本統治も儒教がベースであった事には変わりなく、呉鳳の改変など、役者と設定が違うだけで、教化という点では同じである。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する